おばあちゃんのテスト勉強まとめ

はじめに

今年1月、私は学校推薦枠として、東京で行われる情報オリンピック本選に出場することができた。

しかしその日程が最悪だった。なんと、学年末テストの最中だったのだ。
また、その時期はjsで作ったサイトやcppで作ったゲームの最終発表もあったため、
課題提出のためにコードを書きながら情報オリンピックの過去問を解いて、同時にテスト勉強もする。辟易する毎日だった。

勿論、これまでより圧倒的にテスト勉強の時間が足りなかったので、正直点数下がるかな・・・?と思っていたが、今回はこれまでとは少し違うテスト勉強法を行ったことが功を奏し、良い点数を取ることができた。

この勉強法を自分が忘れた時に思い出すため、そして誰かのテスト勉強の参考になればいいなと思って、ブログに書くことにした。

大前提(これは理解しておいてほしい)

この勉強法はテスト前日にちょっと勉強するだけで満点がとれる秘策ではないし、数学の分からない問題を解くためのテクニックなどでもない。

むしろテストが始まる前からがっつり自主勉強とかしなきゃいけないし、割と手のかかる面倒な方法だと思う。

これを読めばすぐに満点!というわけではないので、ちゃんと勉強は計画的に行ってね。また、この記事を読んだのに点数上がらなかったぞ!という苦情は受け付けません。あくまでも参考に。

では、これから

  1. テスト2週間を迎える前にやるべきこと
  2. 暗記科目(国語・情基礎など)のテスト勉強
  3. がっつり計算する系の科目(数学・物理など)のテスト勉強
  4. どの教科にでも大体共通しているテクニック

の4つについて説明する。

テスト2週間を迎える前にやるべきこと

1. 分からないことをそのままにしない

よく言われていることだけど、これはとても大切だと思う。

分からないことは、1週間以内に解決しておくのがベスト。1週間以上放置すると、よくある「何が分からないのかが分からない」状態になる。

私のところにもよく「何が分からないのかが分からない」状態の人が質問に来るのだが、本人が何を知りたいのか分からないのに教えろと言われても「無理でしょ」という気持ちになるし、一から全部教えるのも時間がかかって面倒くさい。

私は勉強中「あれ?ここ分かんないな?」と思ったら、付箋紙にどういうところが分からないのか具体的に書いてから、教科書やノートに張り付けている。付箋紙が減っていく=分かることが増えている、というのが見て分かるので楽しいし、質問する時も「自分がどういう考えをして、どういう疑問が生じたか」ということを説明できるから、答える人がきちんと質問内容についてきちんと理解し、具体的に回答することが出来る。

1週間くらいなら「どこが分からないのか」を具体的に思い出すことができるし、「最初でつまづいたせいでその後の授業が何も分からなくなってしまう」という負のスパイラルにも陥りにくい。
また「1週間」という期限を付けることで、質問を先延ばしにするのを防ぐことができる。分からないことを貯めれば貯めるほど「理解しよう!」というやる気がそがれていくので注意。

因みに分からないことを解決するための手段としては、

  1. ネットで調べる
  2. 友達・先輩に聞く
  3. 先生の研究室に質問しにいく

などがある。

2. ノートは見返したとききちんと理解できるように書く

テスト前に問題を解いていると、「これってどんな解き方をするんだっけ?」というものが必ず出てくる。

そんな時に備え自分のノートは、見返しただけで問題の解き方を思い出せるようにしておく。友達に解き方を聞くのも良いが、教科書の問題くらいは自分の力で解決できるようにしておきたい。

あと大切なのが、

「この問題分からない」→「誰かに聞くor調べる」→「理解した!」→「終わり」

ではなく、分からなかったことを理解したら、必ず紙に解き方を書き留めておくこと。「理解した!」のままで終わらせると、テスト前に「あれ?この問題前解けたはずだけど・・・解き方忘れちゃった」なんてことになってしまう。書き留めておくことでもう一度聞く(調べる)手間を省くことができるし、頭の中を整理することで「分かっているようで実はわかっていない」状態を防ぐことができる。

そもそも理解していることを自分なりにまとめることができないと、テストなどで実際に使うことができない。
また、頭の中で考えていることをきちんと目で見えるようにすることで小さなミスを防いだり、より理解を深めることができる。

まとめ

  • 分からないことは、1週間以内に解決する
  • ノートは見返したとききちんと理解できるように書く

暗記科目(国語・情基礎など)のテスト勉強

私の場合、暗記シート・ノートを作る。

私はもともとノートを書くのが趣味だったので、授業中ノートを書かない情基礎や歴史学概論の科目で、勝手にノートを作成していた。

↓こんな感じ

  1. 授業中は「その日習った教科書のページ数 + 先生が口頭で説明した教科書には書いてないこと」 をルーズリーフにメモ書きする
  2. 学校が終わって部屋に戻った後、教科書とルーズリーフの内容を元に、その日習ったことについてノートを書く
    (一週間以内に書き上げる。貯めると10も20も書かなきゃいけないページ数が増えるため後々きつくなる。)

ルーズリーフ何枚かで済む暗記シートはテスト2週間前に作ったが、何十ページもかかる科目については、普段から、授業が終わる度地道に書き加えていった。
私は単語とかは教科書を読んだだけでは覚えられないタイプだったので、テスト前にはその暗記シート(ノート) + 赤シートを使って覚えていた。

ただし。暗記シート(ノート)はテスト前にとても役立つけど、作成に凄く時間がかかるのが難点。
作るのに夢中になって肝心の暗記する時間が無くなってしまっては本末転倒なので、2週間以上前から作成に取り掛かることをオススメする。

ちなみに、その暗記シート(ノート)は、学年が上がる度に後輩たちにプレゼントしている。

今後色鉛筆が使われていたり、おかっぱの女の子が書かれているカラフルな暗記ノートを見かけたら、それは私のノートかも知れないね。

まとめ

  • 暗記シート(ノート)を作る
  • テスト直前ではなく早めに作るのがオススメ

がっつり計算する系の科目(数学・物理など)のテスト勉強

2年学年末テストで私が勉強法を変えたのが、このがっつり計算する系のテスト勉強だ。

これまでの勉強法

これまでは、テスト範囲に含まれている教科書の問題を1周してから、先生が作ってくれた「テストのサンプル問題」を2回ほど解いていた。

しかしこの方法だと、いざテストになった時「このタイプの問題見覚えがあるけど、かなり前に解いたせいで解き方があやふや」というパターンが多かった。 解けると思っていたのに解けなかった問題があった~とか、微妙に解き方間違ってた~、とか。

教科書のテスト範囲の問題をテスト1週間も前に解いてしまうせいで、いざ本番になった時解き方を思い出せないんだよね。アホじゃん。

新しい勉強法

学年末のテストではちゃんと計画を立てて本番に臨んだ。

まずはテスト1週間前までに、これまで通り教科書のテスト範囲の問題をすべて解いた。
そして、解説を見ないと解けなかった問題( = 私が1週間で解き方を忘れるかもしれない問題) の番号を別の紙にリストアップした。

そして、テスト2日前、1日前、当日朝の計3回同じサンプル問題を時間を計って解いた
リストアップしていた問題は、1日前の夜と当日の名が休みの時間に解いた。

結果は・・・大成功!

私は本番直前にサンプル問題を3回も解いていたので、サンプル問題と同じ形式の問題が出てくるなら、絶対解けるという自信があった。
そして、いざ本番。テスト問題の9.8割が「サンプル問題」の数字が変わっただけの問題だったので、すごくスラスラ解けた。解いた後、「絶対95点以上はある」という自信がもてたし、実際その通りだった。

今回学んだのは、物理や数学などで配られるテスト対策プリントは、直前に3回以上解いておくのがベストだということ。

1回目・・・分からない問題を無くす
2回目・・・解説無しで解けるようになる
3回目・・・すらすらと解けるようになる←この辺まで来ると安心

1回解いて分かったつもりになっても、いざテストになると「あれ?解説見て分かったつもりになってたけど、いざ解説無しで解くとなると、ちゃんと解けない!」という状態になってしまうことがある(以前の私)。
しかし3回も解くと慣れてくるので、同じ形式の問題が出てきたとき(凡ミスをしなければ)確実に点が取れる。自信もつくし、解くのが楽しい。

あと大切なのはサンプル問題を解くのはテスト直前ということと、時間を計ってやるということ。

サンプル問題を全て解いても、1週間後には解き方を忘れてしまうかもしれないからね。
1週間前までにとりあえず全部解いてみて、自分なりの解説や直前に解きたい問題をリストアップしておき、直前にも解くのが理想かな・・・

あと自分がサンプル問題を解けるギリギリの時間にタイマーをセットしてから問題を解くと、集中力を持続でき、スケジュールを立てやすいという利点がある。
私の場合、微積のサンプル問題は「60分」にカウントダウンタイマーをセットしてから解いた。さらさら解かないと時間内にサンプル問題が解き終わらなかったため、その間は集中して勉強できた。

まとめ

  • テスト1週間前までにはサンプル問題を1度解いて、自分が見返したときすぐに理解できるようにまとめておく
    教科書の問題も全部解いた後、直前に解きなおしたい問題の番号をリストアップしておく
  • テスト2日前、1日前、当日朝の計3回、サンプル問題を時間を計って解く

どの教科にでも大体共通しているテクニック

分からない問題を聞いてくれる友達を作る

高専にはその辺にいっぱい、自分より頭の良い同級生や先輩がいる。
分からない問題があった時、自分の身近に質問できる友達がいてくれると凄く助かる。ありがたい。
また、テスト勉強の時、自分が見落としていた内容について勉強していることがあるので、自分の勉強し忘れを防ぐことができる。
あとは、テストの傾向や範囲について情報交換したりとか。本当にありがたい。

テストを出す先生の癖を把握する

先生によって、どんな感じの問題形式を出すかは大きく違っている。
例えば数学のテストでも、「証明問題をたくさん出す」派の先生と「計算問題をひたすら出す」派の先生がいたりする。
例えば必死に証明問題を勉強しても、計算ばかりテストに出てきては意味がない。
そのテストを出す先生の癖を把握して重点的に勉強するところを決めた方が、いい成績を取れることがある。

癖を把握するには、先生の性格や普段のプリント、授業中の「ここ大切だぞ~」といったセリフとかから推測したりする。

手っ取り早いのは、これまでその先生のテストを実際に受けた先輩方に聞いてみること。
「○○先生の○○っていう科目のテスト、どんな感じで出るんですか?」と聞いてみるといいと思う。すごく大切。

まとめ

  • 分からない問題を聞いてくれる友達を作る
  • テストを出す先生の癖を把握する

最後に

ちゃんと書き出してみると、「私って結構考えながらテスト勉強をしていたんだな・・・」と思った。
この記事はあくまで個人が思ったことをまとめただけなので「それ違うだろ~」と思うところもあると思うけど、
そこは温かい目で見てやってください。

3年も勉強がんばるぞ~

ぴんくい大会出た話

ぴんくい大会出た話

こんばんは、最近築地でするめいかを買って上機嫌のびーまかです。
沖縄に帰ってきてから昼夜問わず眠りまくっていましたが、
ようやく眠気も冷めてきたのでブログを更新します。

私は第4回ビジネスモデル発見&発表会(通称ぴんくい大会)に出場するため、3/1~3/3の間東京に行っていました。
その感想とか反省とか書きます。

そもそもの経緯

そもそも、ぴんくい大会全国大会に出場するためには、
うちな~ICTビジネスプラン発表会」か「沖縄大会」で全国大会への出場権を獲得しなければいけませんでした。
しかし、うちなーの大会ではU150に出場権を持っていかれたので…
私は他のチームと一緒に、もう1つの「沖縄大会」にも出場しました。
少し渋っていたmito先輩には、可愛い後輩のお願い攻撃を使って!一緒に出てもらいました!

大会の結果、私たちは3つの賞をいただきました!



私達は元々キャンパス部門だったのですが、なんとビジネス部門の大賞を獲得しました。…キャンパス部門の対象が発表された後にチーム名が呼ばれたから、ドッキリかと思った。


まあ、そういう訳で、私達ちょこちっぷマフィンは
ビジネス部門枠で全国大会への出場権を得ました。(…起業してないからね。勘違いしないでね。)

発表当日

前日に貸し会議室で発表練習を行い、いざ当日。
私は31チーム中16番目で、午後からの出番でした。

午前中はU150と一緒に、会場の外で練習。
いつものことながら、凄く緊張していました。
しかも今回は…メンバーのmito先輩がインターンで来れなかったため、
舞台に立つのは私1人。(mito先輩が大会出るのを渋っていたのは、多分これが原因)

元々プレゼン担当が私、質問タイムでの答弁担当がmito先輩だったため、
(アプリの詳しい仕組みとか、ビジネスプランで分からない質問されたらどうしよう…)
とかぐるぐる悩んでいました。

そうそう、プレゼンといえば…私の1つ前が凄かったんですよ。
なんと、プレゼンターがデーモン閣下のメイクと衣装。ガンガン音楽流れてるし、口調もリハの時と全然違っていたし。とにかく、インパクト抜群で会場の雰囲気もざわついていました。
その頃私は舞台裏で、係のおじさんやお姉さん方に励まされてました。
「大丈夫、できるよ!」とか、「あのプレゼンの後に発表するのは大変だと思うけど、自分のペースでがんばって。」とか。
多分私がデーモン閣下の次のプレゼンターだったから励ましてくれたんだと思います。優しい。

そして、いざ自分の出番。
思った以上に、落ち着いてプレゼンをすることができました。
会場全体に順番に視線を向けること、笑顔でいること、時間の調整。練習で意識していたことが、本番でもできました。
これまでの大会で、少しプレゼンの緊張感に慣れていたんだと思います。
一番心配だった質問コーナーでも、アドバイスを1つ貰っただけで、全く怖い質問はきませんでした。
(…質問に備えてアプリの仕組みやビジネスプランを勉強しなおしていたのに。むしろもっと質問来てほしかった。)

発表を終えた後は、他チームのプレゼンを鑑賞していました。
今まで「つみきっずのプレゼンは凄いな、格が違うな…」と思っていたけれど、
つみきっずと負けないくらいの凄いアイデアやビジネスプランをもつチームがあって、
ちょっと怖かったです。やはり全国レベルは完成度が高いなあ、と感じました。

結果発表。
私達ちょこちっぷマフィンは、「審査委員会特別賞」を受賞することができました!
実はこの賞、元々予定されておらず、急遽作られた賞なのだそう。
当然賞状や副賞も用意されていなかったため、受賞者の記念撮影では1人だけ手ぶらでした(笑)


ちなみにU150は「女性企業家大賞」「エネコム賞(スポンサー賞)」のダブル受賞。
同じ沖縄地区でハブゲットを発表したMITは「アイ・オー・データ賞(スポンサー賞)」を受賞。
沖縄から3チーム出場し、なんと全て受賞するという「沖縄ヤベェ」みたいな結果になりました。

結果を見ると、ちょっと悔しいです。うちなーに続いてまたU150に良い賞獲られた!って感じで。
まあでも、それだけ「つみきっず」の内容が良かったんですよね。
正直いうと、おたすけじゅーるは売り上げ計画ヤバかったし。
教授に「んー…コンビニでバイトした方が良くない?」と言われる程度には。
でも、こうして全国の大会で舞台に立てたことや、他チームのビジネス・アイデアが見られたのはいい経験になったと思います。
来年参加するときはもっとビジネスアイデアやプランを練り上げて、説得力のあるプレゼンが出来る様になりたいです。

また、交流会の場面では、発達障害の人のカウンセリングを行っているという女性や、
音響を担当していたスタッフさんとお話することができました。
発達障害の人のための工夫について熱心に聞いてくれたり、
私のプレゼンに対して好意的な感想をいただいたりして、本当に嬉しかったです。
がんばって良かった!と思えました。


ハブゲットを作ったMITの2人にも会いに行きました。
あの子たち、中3ですらなかったよ…マジか…
沖縄高専(ICT委員会)の宣伝もしておきました。
来年もぴんくい大会出るのかな?楽しみです。

ちなみに、このツイートについてですが。


…達成できたよ、わりと。

最後に

M教授、某会社の御方、U150の2人には特にお世話になりました。
本当にありがとうございました!
そしてmito先輩、nemu先輩も、おたすけじゅーるを作ってくれてありがとうございました!

そして!!
3/7は、U150のmanaway、るいコせんぱい、きしもんせんぱいの3人は企業家甲子園本番ですね!
頑張ってください!!
教授また東京行くの大変だけどがんばって~
みんなでおいしいもの食べてきてくださいね~

おわり。

おばあちゃんの2017を振り返る

この記事はICT Advent Calendar 201729日目の記事です。

こんばんは、もうすぐお正月ですね。

みなさん年末で忙しくしているのではないでしょうか。

今日の担当は、家で草むしりをしていたら雑草の中に大量のフーチバーを発見したおばあちゃんです。

昨日の担当は、がちゃみん先輩?です。(ぱっと顔が出てこないんですけど…挨拶してる先輩だったら申し訳ないです)

gatyaminch.hatenadiary.jp

今年の出来事

今年も色々ありましたが、特に記憶に残っているのはこの3つです。

  • ちょこちっぷマフィンのメンバーとしてPCKに出場
  • めっちゃ勉強がんばった
  • なんか来年JOI本戦行けることになった

下に詳しく書いていきます。

ちょこちっぷマフィンのメンバーとしてPCKに出場

今年11月にmitoせんぱい、nemuせんぱい、私の3人はちょこちっぷマフィンとしてパソコン甲子園2017に参加し、私は当日プレゼンターを務めました。

デモセッションの時間では、知らないおばさんにプレゼン頑張ったねと褒められたり、審査員や一般の方にアプリのデザインや内容を評価してもらったりしました。

ベストデザイン賞という賞をもらえたことも勿論そうですが、ちょこちっぷマフィのメンバーや教授、その他沢山の先輩方に協力いただいて作り上げたおたすけじゅーるが、ちゃんと「良いアプリだ」と認めてもらえたことが、凄く嬉しいなと感じました。

他にも、選手交流会で他校の方と話したり、おいしい喜多方ラーメンを食べたり、温泉に入ったり、ハイライト見ながら笑ったり…大会以外でも福島を満喫しました。初めての大きな大会でしたが、出場できてよかったと思います。

とはいえ、反省点も多かったです。今回の開発で、私は自分の実力不足に歯がゆい思いをしました。仕事をこなすのに何日もかかってしまったり、javaの基礎が分からず先輩の作業を中断させて聞きにいったり…戦力になれないことが、本当に悔しかった。

来年もPCKに出れるかは分からないのですが、来年チームを作る時はちゃんとメインプログラマーの一人として大会に出場したいです。その為に、来年?というか、冬休みから勉強がんばろうと思います。

めっちゃ勉強がんばった

ICTとは全く関係ないのですが、PCKが終わってから凄い勉強したんです。ディジ回の本を借りて分からないところを復習したり、歴史学概論や現代社会のプリントを見ながらまとめノートを仕上げたり、技術本を休日に読破したり…久しぶりにこんな勉強したなと思います。そろそろ1番欲しいなって思うんだけどね…

「勉強もICTの活動も疎かにしない」というのが来年の目標なので、おばあちゃんが怠けてたら叱ってあげてください。よろしくお願いします。

なんか来年JOI本戦行けることになった

この間受けたJOIの予選、300点でランクBだったのですが、沖縄高専から1人本戦に出場できるということで、私が行けることになりました。

ただ、日程が2/10~2/11。期末テスト真っただ中です。今から胃が痛くなりそう…   ほとんど競プロに触れていなかったのに私が代表なんかでいいのか!という気分ですが、貴重な機会なのですごい競プロerさんを見てきたいと思います。

というわけで、冬休み明けに分からなかった問題を聞きに行くと思います。どうぞよろしくお願いします。

まとめ

来年は、

  • ICTと学校の勉強の両立
  • 開発の基礎力を付ける(取り敢えず勉強から)

を目標に頑張っていきたいと思います。

皆さん、今年は本当にお世話になりました!

2017年ももう少しですね。年末の大掃除など、がんばりましょう!

あ、あと、1/1は私の誕生日なのでtwitter(@makabi_bmk)とかで祝ってくださいね~!

それではよいお年を!

明日の担当はwakimikoさんです。

ビジコン感想&これからの目標

 

初ブログです。まじめに書きます。

 

まず・・・ビジコン終わったー!!!

思えばうちのチームが活動を始めたのが9月下旬頃。高専祭や中間試験、そして終わらないアイデア出し・・・本当にみなさん、お疲れさまでした。

無事に終わってありがたい賞も頂いたわけですけども。いくつか反省したい。

 

1.ギリギリすぎた

イデアを教授に通したのが16日で、パワポ完成させたのが17日(締め切り日&中間テスト前日)19時過ぎ。セミナーのパワポが完成したのが当日朝4時で、シナリオはその3時間後。本番のプレゼンを制作し始めたのが、締め切り前日の20時。シナリオ&発表練習が昨日。そして、今日がプレゼン。

恐ろしいね。よく今日発表できたなと思う・・・

 

2.チーム内の意思疎通の無さ

沢山の先輩(ポテトを含む)にご心配をおかけして・・・お互いが何をしてるのか分からないとか、何をしたらいいか分からないとか多すぎて、個人の作業量が偏ってしまった。チームで分担し意見を交換し合えば、もっと早く完成できたと思う。

 

3.まさかり大事

教授その他先輩方には、本当に感謝しています。でも私たちがもっと早くまさかりを貰いにいっていたらギリギリにならずに済んだし、分からなくて悩んでいた時間も勿体無かったと思う・・・!

 

他にも沢山あるけど、大まかにはこんな感じ。来年の後輩にはきっといいアドバイスができるよ!(経験者だから)

プレゼンは凄い楽しかった!「自分たちの考えたアプリを自信もって説明するだけ」という有り難い言葉をいただき、練習以上のプレゼンができた!!来年は審査員からの指摘にも応えられるくらい、自分達のアプリの仕組みにも詳しくなりたい。

 

先輩のプレゼンを見た感想・・・本当に感動した。こうして、自分より遥かに豊富な知識や経験をを持った人と触れ合えて、色々な経験も詰むことのできる環境に来れて、ICT委員会に入って、本当に良かったな、と思えた。先輩たちがいる残りのわずかな間に、沢山のことを吸収して成長していきたい。

 

 

これからの目標

・プレゼン上手になる

みなみゅん先輩・・・やばかった。あれくらい上手くなれるかは分からないけど・・・とりあえず場数を踏んで、緊張にも慣れていきたい。

・プログラミングの問題沢山解く

解けたらカッコいいよね。ただそれだけ。

 

この2つを頑張っていきたい。今後もよろしくお願いします。